FC2ブログ

点撃!轟天号

皆さんこんばんにゃ。

今日の出来事です。またもやリアルです。轟天号です。

 轟天号生活も満喫してるわけですが、以前書いたように通勤だけに使うにはもったいない。ですが少し遠乗りしたいと思った時に、今一番かゆいところに手が届かないのが飲み物。

 もちろん轟天号は自転車ですから動力源は中の人なわけです。当然動けばそれなりにカロリーと水分を消費します。カロリーはまあお腹のところに蓄積があるので問題ないとして、移動中の水分補給は重要な課題になってきます。これから夏になってもっと逼迫してきますしね。

 ところが水分補給をしようにも、轟天号にはまだ乗せるスペースがありません。もちろんリクセン&カウルのショッパーという巨大な収納を付けることはできるので、ショッパーを付けたまま走ればいいっちゃいいんですが、これって結構重いのと、空間がでかすぎて入れた水筒とか固定されずにぴょんぴょん跳ねてしまうのと、加えて真正面からの空気抵抗がかなり大きくなるのです。何よりクロスバイクなのにこれ付けて走ると格好悪い(これ重要)。

 まあとにかく、休日なんかにちょっと気取って遠くまで走りたいとなると画竜点睛を欠くのであります。

 ということで水分補給。スポーツバイクには一般的な、ボトルケージというものを追加することに決めました。

 一般的な自転車のボトルケージは自転車専用のボトルを付ける用にできてます。
 ところが私の使い方だと結構適当。乗り始めの最初から「水分を携行していこう!」と意気込んでる時はそのボトルでもいいのですが、普通に街乗りしてる時に「あ~、少し喉が渇いたな飲みたいな」という時に自販機やコンビニでペットボトルを調達したい、ということも多々あります。要は専用ボトルでもペットボトルでも、もっと言ってしまえば缶ジュースにでも対応できるケージが欲しいのです。

 ネットで検索してみたところ、ボトルケージは大きく分けて専用ボトル用かペットボトル用かの2種類がほとんどみたいですね。

 それでも見つけたのがこちら:

 

 Topeakのモジュラーケージ、ⅡとEXですね。どちらも取り付けようとするボトルにフィットさせることができるという優れもの。
 EXのほうが若干お安いですかね。それでもEXのほうが最小範囲が小さいので可動幅は大きいです。

 さて、取り寄せるのも取り付けるのも簡単なんですが、どうもネットの情報からすると取り付けに際してネジにグリスを塗ることが必要みたいです。そうしないと錆びて最悪ネジが固着してしまうこともあるそうな。

 とはいえ、ネジ2本、それも爪の先ほどの分量しか使わないグリスを塗るために専用のグリスを丸々1本購入するのはもったいない(結構高価)。それならばお店で付けてもらうのはどうだろう?という考えになりました。

 それで最寄のサイクルベースあさひさんに朝一で電話して、品物の在庫を確認してみました。前述のボトルケージは両方とも在庫あり。おお、さすがは専門店。

 それで早速轟天号に乗って行きました。

 ボトルケージはモジュラーケージⅡにするかEXにするか相当迷いました。
 EXは安くて可動範囲も大きいものの、可動部固定のネジをしっかり閉めないとケージ自体が緩んでくる恐れがあります(Ⅱはそれがない)。
 Ⅱのほうも押しボタンで可動するのですが結構これも固い。

 迷った挙句Ⅱに決定。やっぱり緩む恐れがないのと、プラスチックプラスチックしてるEXより見た目がいいのとで(これ重要)。
 やっぱり現物見て決められるというのは大きいですね。ネットだけだとどうしても自分の目が行き渡らないところがあります。

 早速購入して取り付けをお願いしました。もちろん取り付けに際してグリスも塗っていただけましたよ。さすがは専門店。
 ちなみに今回の工賃はなし。ネジ外してネジ締めるだけの簡単工程なのでサービスしてもらいました。でも当然ですが手間のかかる作業とか規定で決まっている工賃なんかはもちろんかかりますので、私が今回サービスしてもらったからといって過剰なサービスは期待しないでくださいね。

 それにしても、店頭販売のほうがネットより安かったのにはびっくりしました。値引きしてくれたのか約1000円で買えたのです。ネット販売=店頭販売より安い、という固定概念が覆されました。
 もしかして専門店のほうが一般流通よりいいのかな?これからはちょくちょく寄ってみましょう。掘り出し物があるかもしれませんしね。

SS20130429_001.jpg

 うむ、ペットボトルにもぴったりフィット。これは具合がいいです。
 ちなみにまだ専用のボトルは持っていません。遠出することが頻繁になったりすればそのうち買うと思いますけどね。何よりボトルだけでも幾千と種類があるのでまだ全然決められませんし。

SS20130429_002.jpg

 それにしてもサイクルベースあさひさん、祝日で来客も多かったのに親切丁寧明るい対応をしていただいてありがとうございました。これからまたお世話になります。
 宜しくお願いしますね!(`・ω・´)ゞ



今日はこんなところです~。

おやすみなさいまし~。
(´ω`)ノシ



よろしかったらポチっとどうぞ。
RO・ブログ 
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

シェファード

初めまて^_^)
たまたまシェファードを調べかここへたどり着きました笑

今度シェファードを買う予定で(ジオスのミニベロから)
シェファードを試乗できる店がなく、このblogは参考になりました。

あと、平地は40㎞くらいでますかね?
ジオスのプルミーノという自転車に乗っていますが軽快でそこそこスピード出るので、シェファードに乗り換えてがっかりしたくないので…

度々すみません

あ、すみません(;_;)
スマホの不具合で文字が…

シェファードについて

> カタケン さん

はじめまして
コメントありがとうございます。

実は私はクロスバイクは初めてで他の物と比較はできないので、参考になるかどうか・・・。

最近週末になると近くのサイクリングロードへ往復20kmほど走りに行っていますが、その程度の私の独断のインプレッションでよければ、でお願いします。(^^;

最近走るときにCycling Tracker 2( http://octoba.net/archives/20120831-android-app-cycling-tracker-162546.html )というスマートホンアプリを使って計測しています。

その計測だと、平地で40kmは出ませんね(私の脚でですけど)。平地無風で35kmが今までのMAXでした。アベレージは22kmぐらい。ただ乗り心地はいいです。あと段差超えで怖さは感じません。

良くも悪くも32Cというタイヤの太さの特性が出ているのだと思います。実際はサイクリングロードでロードバイクに追い抜かれてばっかりです。やっぱり速さではどうやってもロードバイクには適いません。

通勤などの街乗りでは文句ないんですが、クロスバイクでも速さを求めるとなると28Cのタイヤの他の機種でもいいかな、とも思います。例えば同じシェファードでもアイアンとか。

この程度の情報ですがご参考になりますでしょうか。
またどうぞご覧いただければ嬉しいです。

追記です

たいしたことではありませんがw

スポーツバイク初心者が20km走ってもお尻が痛くなりません。サドルが薄いように見えてもちゃんとジェル内蔵のようです。これは正直助かりました。
普段着でも普通に乗れるのが魅力ですねシェファードは。

ヌコヌコさんへ

ヌコヌコさん返事ありがとうございました。
なるほど!やはり、32cはスピード重視よりポタリングを楽しむ感じでしょうか。

自分は結構スピードにこだわるので
アイアンや28cでコスパの高いジオス ミストラル辺りにしようと思います!
でも、やはりシェファードは普段着で乗れるしお洒落ですよね♪
そのアプリもチェックしてみます!
ありがとうございました!

By長野県住み 通信大学生 23才

よいバイクライフを~

> カタケン さん

シェファードはやっぱりポタリング向き、という感じでしょうか。バランス取れてると言えば聞こえはいいですが、特に秀でたところがないのも事実。
やっぱりスピードにこだわるなら仰るとおりそちらのバイクのほうがいいと思います。

私のつたないインプレッションでもお役に立てたなら何よりです。
どうぞ良いバイクライフを~。

追記です

> カタケン さん

仰るとおりこの「普段着で乗れる、お洒落」というのが私が非常に気に入っているポイントだったりしますw
ご同意いただきましてありがとうございます~。ヽ(*´ω`)ノ
アクセススカウター
ヌコヌコの呟き
プロフィール

ヌコヌコ

Author:ヌコヌコ
ラグナロクオンラインTrudrサーバー(旧Eirサーバー)でぬるく活動していた1ユーザーです。
ラグナロクオンラインは現在休止中。(´・ω・`)
その他ゲームやリアルのこと、轟天号(自転車:ライトウェイ シェファード2013)のことなんかも記事にしたりします。

プロフ絵は2525さん画です。素敵な絵をThanks!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

RO RO日常 リアル 轟天号 GvG その他 メンテ 艦これ 蚤の市 GvTE 築地の市 鯖煮会 ポタリング ポタ 旅行 温泉 キャラ紹介 イベント リプレイ FateGO 動画 ET 花束市場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
協賛その他

協賛

プラチナリボン運動

ご注意

このサイト内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権は、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2014 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2014 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

このサイト内にある全ての著作物(画像、文章、HTMLソース、素材など)の無断での転載/二次利用などは禁止します。

当サイトに関係のないと思われるコメントなどは管理人の判断で削除させていただくことがあります。

当サイトの管理人はRO規約違反を容認していません。ROの規約違反に関係すると思われるコメントなどは躊躇なく削除します。
QRコード
QR