FC2ブログ

魅惑のミリメシ

皆さんこんばんにゃ。

今日の出来事です。リアルだけです。しかも轟店号ではありません。

 この前から何故か異様にミリメシが欲しくなってます。
 ミリメシとは何ぞや?という方もいらっしゃると思いますが、ミリメシ=ミリタリーめし=軍などで配給される戦闘糧食のことですね。レーションとかいう呼ばれ方もします。

 何でまあミリメシに興味を持ったかと言うと、ここ近年、災害が非常に身近になっていることあります。東日本大震災でも身に刻まれたように防災用具、特に援助が来るまでの3日間を耐え抜く食料の確保が非常に重要です。

 で、

   1.非常時に携帯できる食料であること
   2.長期間常温での保存が利くこと
   3.簡便に摂取でき、かつバランスのいい栄養があること
   4.極度の緊張下でもストレスを和らげることができること

 という条件をミリメシは実に満たしてくれてるのです。

 特に条件4。今日見学して知ったことですが、温かく美味しい食事というのはそれだけで極度のストレスを和らげてくれるんだそうです。前線での戦闘という極限下に置かれた隊員にもウィダーゼリーやカロリーメイトみたいなものでなくミリメシが配給されるのはそのためだとか。

 ストレス軽減は戦闘であろうと災害下であろうと緊張の長期間を乗り切る重要なキーポイントなので是非抑えておきたいところ。

 でまあ、各国幾多もある軍隊の中でも自衛隊のミリメシは世界一美味しいと評判なのだとか。折角日本人なんだから自衛隊のミリメシを是非とも味わってみたい!

 とはいえ、作戦行動中の自衛隊員さんでもない限り普通口にすることはありません。自衛隊員さんでも最前線で作戦行動でもしてない限り(つまり炊事係さんが食事を配給できないような状況下)ミリメシを口にすることはないそうです。
 ましてや民間には出回らない官給品。私などが口にするのはまず無理です。

 ちなみに自衛隊のミリメシは、30kgもあるような背嚢を担いで野山を駆け回るような隊員さんが食べるものなので、当然それ相応のエネルギー、つまりカロリーがあります。1食で1000キロカロリー以上あるんだとか。
 そんな運動しないような私が食べたらどうなるか。動かない豚はただの豚だ。(´・ω・`)

 というわけで、販売経路的にも実用的にも、本物のミリメシを食べることを望むのは得策ではありません。しかしやっぱり食べたいものは食べたい。
 そんなミリメシドリームをかなえてくれるものが陸上自衛隊朝霞駐屯地の陸上自衛隊広報センターの売店にあることを知りました。
 本物のミリメシではありませんが、本物と同じ開発・販売元が卸している、言うなれば民間用ミリメシ。(おそらく)本物と同じ味であろうと予想できるそれがここにはあるのです。

 行かねば、なるまい

 すみません。前置きが随分長くなりましたね。要は「自衛隊の美味しいミリメシを調達するぞ」遠征に行ったのです。

SS20130921_001.jpg

 都心は池袋から東武東上線の急行でちょちょいのちょい。まずは和光市駅に降り立ちます。駅前歩道も広くて綺麗ですね。

SS20130921_002.jpg

 和光市駅から徒歩で20~25分程度。大きな国道沿いに陸上自衛隊広報センター、通称りっくんランドがありました。ちょうど朝霞駐屯地の正門前に位置するでしょうか。それなりに駐車場も広くて自転車置き場もあって、明るい雰囲気です。

SS20130921_003.jpg

 りっくんランドの門横にはサマーワ派遣で使われた軽装甲機動車が。ご苦労さまー。

 今日は休日ということもあり来館者が多かったです。今日は都合で開館が13時からとなっていましたが、その前から(私が行ったのがちょうど5分前ぐらいでした)入館待ちの人が行列になってました。子供連れさんが多かったかなー。

 入館するとまずホールに通されました。今日は自衛隊トラック体験乗車ができるみたいで、体験乗車希望者の申し込みです。私は残念ながら時間的に無理そうだったのでパス。本来の目的はミリメシですから!

SS20130921_004.jpg

 とりあえずミリメシを買う前に一通り展示物を見て回りました。お子様たちには戦車やヘリコプターなんかがわかりやすいでしょうからそちらが人気です。
 ぶっちゃけ私はミリヲタじゃないので、展示物もそんなにジロジロ見て回ったわけではありません。

 個人的には2Fに展示されていた年表とかサマーワ派遣時の感謝状とかが興味深かったです。年表見ると、戦車の総数は近年少し減ってるんですね。知りませんでした。
 サマーワ派遣はかなり感謝されたみたいで、感謝状の文言が実に感情に溢れていました。よかったですね。

 あと気になったのは自衛官さんの階級章(でいいんでしたっけ)。役職、階級、技能、経験とそれぞれに章があります。正直覚えられませんよこれ。

SS20130921_005.jpg

 展示の90式戦車です。動画などで見るよりコンパクトな印象でした。そういえばトレーラーで搬送したりするんでしたっけ。あまりにも馬鹿でかいわけじゃないんですね。
 それに反してふっとい印象だったのが砲身。120mm砲の砲身ってこんなに太いんだ、って。まるで電柱が横に振りかざされてるようでした。

SS20130921_006.jpg

 対戦車ヘリコプター。これでもまだ小型なほうらしいですが、それでも室内いっぱいの大きさ。90式に比べてもまだでかいです。航空機って大変なんですねぇ。

SS20130921_007.jpg

 屋外には色々な車両が。

SS20130921_008.jpg

 こちらは個人的に好きな歩兵戦闘車。スマートです。

SS20130921_009.jpg

 やっぱりサマーワ派遣仕様の装甲車。日の丸でかい。

SS20130921_010.jpg

 鎖で柵をされて別格扱いの10式戦車。大きさは90式とほぼ同じぐらいかな?重量は軽いらしいですけど。

SS20130921_011.jpg

SS20130921_012.jpg

 そして本物のミリメシの数々!ほほう、結構種類がありますね。やっぱりパック飯のほうが種類があるのかな?

SS20130921_013.jpg

SS20130921_014.jpg

 ちなみに、施設内にあった自販機が普通に安いです。市販より20円ぐらい安いかな。ここで飲み物補給すればよかったー。

 さあさあさあ、展示を見終わったら目的のミリメシ購入ですよ売店ですよ!

SS20130921_015.jpg

SS20130921_016.jpg

SS20130921_017.jpg

 じゃーん。これが民間用ミリメシ。ちなみに他サイトさんを見たら本当はここの売店って撮影禁止らしかったです。値段の競合で他社との軋轢があるかもしれないとのことで。
 で、でも値段消したから見せちゃってもいいよね・・・?

 民間用ミリメシ、大きく分けて3種類あります。
 ほぼ本物ミリメシを模したメニューのサバイバルパック弁当(加熱剤なし)。
 サバイバルパック弁当のセット品、あつあつセット(加熱剤あり)と丸かじりセット(加熱剤なし)。
 オリジナルメニューらしい防衛糧食(加熱袋、加熱剤、レンゲ、紙ナプキンあり)。

 散々悩んだんですが、本場ミリメシを楽しみたいならあつあつセットかな、とも思ったんですが、防災用品として考えるなら容器やレンゲまで全部揃って置いておける防衛糧食かな、ということになって防衛糧食をお買い上げ。

 本当なら両方欲しかったのですが、お値段が結構張るんですよ。全部3袋ずつとか無理。
 ちなみに防衛糧食のほうは3年保つので、防災用品としては毎年賞味期限を気にすることもないようです。気にしなさすぎてずっとほっとくことにもなりそうですけど・・・。

 ということで無事購入。この売店見るだけでも楽しいので、興味のある方は行ってみるのも一興ですよ。

 ミリメシげっとできました。遠征・・・成功!(`・ω・´)



今日はこんなところです~。

おやすみなさいまし~。
(´ω`)ノシ



よろしかったらポチっとどうぞ。
RO・ブログ 
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

むむむ、保存食として残しておきたいけど
味が気になるところ・・・

食べてみたい(´¬`*)ジュルリ

味、実に気になりますね

> るぴ さん

ミリメシ、実に味が気になりますよね。
実は展示されてたミリメシ、かなりの種類になってました。
鶏五目御飯とか美味しそうですよー。
海自だとカレーが有名なので、陸自のカレーも興味深い。

問題は単価が高いのでたくさん買えないところですね。惜しい。
アクセススカウター
ヌコヌコの呟き
プロフィール

ヌコヌコ

Author:ヌコヌコ
ラグナロクオンラインTrudrサーバー(旧Eirサーバー)でぬるく活動していた1ユーザーです。
ラグナロクオンラインは現在休止中。(´・ω・`)
その他ゲームやリアルのこと、轟天号(自転車:ライトウェイ シェファード2013)のことなんかも記事にしたりします。

プロフ絵は2525さん画です。素敵な絵をThanks!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

RO RO日常 リアル 轟天号 GvG その他 メンテ 艦これ 蚤の市 GvTE 築地の市 鯖煮会 ポタリング ポタ 旅行 温泉 キャラ紹介 イベント リプレイ FateGO 動画 ET 花束市場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
協賛その他

協賛

プラチナリボン運動

ご注意

このサイト内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権は、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2014 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2014 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

このサイト内にある全ての著作物(画像、文章、HTMLソース、素材など)の無断での転載/二次利用などは禁止します。

当サイトに関係のないと思われるコメントなどは管理人の判断で削除させていただくことがあります。

当サイトの管理人はRO規約違反を容認していません。ROの規約違反に関係すると思われるコメントなどは躊躇なく削除します。
QRコード
QR