FC2ブログ

岩手県の各駅停車オリエント急行、三陸鉄道の旅

皆さんこんばんにゃ。

さあ、昨日から今日のことです。リアルです。旅行です。

 予告していた通り、岩手県は三陸地方、宮古市から三陸鉄道に乗るという旅行に出ました。
 実は去年にこの旅行をするはずだったんですが、宿もバスも手配してさあ、という時に病気になってしまい直前で断念。その後なかなか行く時間や予定が組めず、やっと今回実施できたというところなのです。

 今回の旅行の第一目的はなんと言っても三陸鉄道。今だとNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」が放送されたすぐ後ですから結構人気もあるみたいです。でも私はそれ以前に計画していたんだよーだ。

 2011年の東日本大震災、その巨大津波という大きなダメージを受けたにもかかわらず、奇跡とも言える運輸ラインの復興を遂げ、地域の方々だけにとどまらず日本全国にも大きな勇気を与えてくれた三陸鉄道。その現物を見てみたい、というのが動機でした。

 まあ、そんな御大層な動機とは裏腹に、実際は浄土ヶ浜で遊覧船に乗ってー、三陸鉄道のんびり乗ってー、温泉入ってー、美味しいもの食べましょうね。的な計画です。浄土ヶ浜の遊覧船は、関東から宮古市まで行くのに夜行バスを使うので、三陸鉄道乗るとしてもまだチェックインまでまだ結構時間があったので計画に追加しました。せっかくだから綺麗なところも見たいですしね。

 実はこの記事は宿にノートPC持ち込んで書いているのでまだ旅程半ばなんですよ。今日は三陸鉄道乗って宿に入るところまでです。明日は帰路、三陸鉄道を折り返して宮古でお土産買って帰るだけ。今日はメインのことだけ書きますね。

 やれやれ、私の悪い癖でまた前置きが長くなりました。それでは記録をどうぞー。

 まずは昨晩。浜松町のバスターミナルから夜行バスで宮古へ。一応時間は早くなることもなく遅くなることもなく。ちょうど時間通りに宮古まで着きました。途中でトラブルもありませんでしたしね。しかしこう、バスの中、周りが中高年のオヤジばかりというのはどうにも居心地が悪いものでした。

SS20131122_001.jpg

 そんなんで無事、朝7時ちょいに宮古着。さすがというかなんと言うか、ターミナル駅だというのに駅前にはコンビニ一つありません。やっとキオスクが一つ。あと立ち食いそば屋さん。他に補給できるところがないのか結構繁盛してました。

 せめてマックとかのファーストフードがあればと思ったのですが、予想を裏切られました。さすが地方都市、やるな。
 結局私も立ち食いそばで朝食を済ませることに。

 土台早朝からやっている店というのがほぼないので、私も何もできません。こうなればまだ早いですが浄土ヶ浜に行きましょう。幸い浄土ヶ浜へ行くバスは生活線として朝から稼動しているらしいので、そちらに乗りました。もちろんPASMOは使えず(プリペイドカードなのはあるみたいです)。

SS20131122_002.jpg

 というわけで浄土ヶ浜ビジターセンターです。浄土ヶ浜は遊覧船だけでなく、散策の歩道もボートでの青の洞窟巡りとか砂浜とか、とにかく浜全体が大きくて綺麗で様々な顔を持っています。私も乗船券を買ったはいいですが、何しろ時間が早かったのでやることがなくてマリンセンター(青の洞窟巡りしてくれるとこ)とか行ってみました。
 とにかく水が綺麗!関東のドス緑の海水しか見てない私には衝撃ですね。これは以前神津島行って見た透明な海水とタメ張れるぐらい綺麗です。水が透明なんですよ。当たり前に思えますけど。

SS20131122_003.jpg

SS20131122_004.jpg

 さて、乗船時間に近くなってきたので船のところに行きました。うん、震災を乗り越えたとは思えないぐらい綺麗な船です。1階と2階前部は室内、2階後部はオープンデッキです。後述しますがオープンデッキ行くのがお勧め。

 遊覧開始。平日の1番早い時間ということもあってか、観光客はまばらです。ですがこれ、一見の価値あり。マジお勧め。ただちょっと、船腹が広くないので結構揺れます。今日はかなり穏やかな海という話でしたがそれでも揺れました。オープンデッキの時はカメラとかを海に落とさないよう用心してくださいね。

SS20131122_005.jpg

 何がお勧めかってーとこれです。うみねこパン。1個100円で船内で販売してくれるうみねこ餌付け用パン。
 これがね、

SS20131122_006.jpg

SS20131122_007.jpg

 マジで寄ってくるんですよ凄いですよ。ウミネコたちも知っているのか船が出航するとオープンデッキに併走してきます。手で差し出すと持ってるのもさらっと咥えていくんですよ。この餌付けだけでも船に乗る価値あり。

SS20131122_008.jpg

 もちろん餌付け用の船ではないのでちゃんと景勝も楽しめます。この浄土ヶ浜が見所いっぱい。奇岩、岩礁、島などなど。もちろん船内のアナウンスで丁寧に説明してくれます。
 あと例の津波でコンクリート製のでっかい防波堤とかが破壊されてますね。普通に車が走れるぐらいの防波堤が折れて沈んでいるんですよ。どんだけ凄い力か、恐ろしいものです。

 そうして堪能した40分。こんなに面白いとは予想を覆されました。ただこの季節、寒い。めっちゃ寒いのでそれだけは覚悟してくださいね。春夏のほうがいいかも。

 さあ、遊覧船と昼食のあとはメインディッシュです。三陸鉄道です。
 まずは宮古駅から。

SS20131122_009.jpg

SS20131122_010.jpg

 三陸鉄道宮古駅には応援の色紙がいっぱい。知ってるような知ってないような人いっぱい。やっぱりこの応援が力になるんでしょうねー。

SS20131122_011.jpg

 あと謎のポスター「鉄道ダンシ」。そうかー、萌え系美少女通り越してイケメン男子になったのかー。いや実際、三陸鉄道の運転士さん(兼車掌さん)ってイケメンでしたけど。

SS20131122_012.jpg

 で実際に乗車です。乗ったのが昼だったので1両編成。ディーゼルエンジントイレ付き。
 三陸鉄道でも今活動してるのは北リアス線というほうになります。北というからには南もあるんですが、南は陸前高田とかのモロ津波で根こそぎ破壊されたほうです。なのでまだ復旧できてません。この北リアス線も本来は宮古-久慈間を走るものですが、途中でまだ復旧できてないため鉄道の区間は宮古-小本と田野畑-久慈になります。小本-田野畑は代替でバスが走ってます。

 ということで、私も今日はまず宮古-小本まで行って、その後バスに乗り換え田野畑へ。そして田野畑から宿のある野田玉川までまた鉄道で行きました。

SS20131122_013.jpg

 まず宮古-小本区間。こちらはどちらかというと内陸側を走ります。三陸鉄道の駅はどれも小さいのですが、寒い土地柄と1時間に1本ぐらいという待ち時間のため、どんなに小さい駅でも待合室が備えられてます。ありがたいことですね。

 宮古-小本区間を走って思ったこと。
 この旅行を計画してた段階で三陸鉄道の運賃は見てたんですが、いや本当のところ「この駅数でこの運賃かー、高いなー、まあ第三セクターのとこなんてみんなこんなもんかなー」程度に見ていました。侮っていました。三陸鉄道さん申し訳ありません。

 いやね、ぶっちゃけ長いんですよ、この距離が。一駅行くのに10分近く使うとは思ってもいませんでした。すみません首都圏脳で。しかも、なんだこれは地下鉄かっていうぐらい長ーーーーーーいトンネルの多いこと!こんなに長い距離の、手間のかかっている経路で、しかも利用客は少ないときている線が未だに健在ということがすさまじい。運賃高くって当たり前、むしろこの要素だと安いんじゃないか経営大丈夫かと疑いたくなるぐらいです。凄いですよ三陸鉄道。

SS20131122_014.jpg

 そんなカルチャーショックを受けた後、今度は田野畑-野田玉川に乗車しました。

 今度は三陸鉄道のフレンドリーさに脱帽。なんというか、生活の足に乗っている感覚ではありません。運転士兼車掌さんが橋やトンネル、地元の特色といった観光名所になるところを説明しながら運行されています。しかも、記念写真撮れそうなところは速度を落としたり停車してくれたりの至れりつくせり。

SS20131122_015.jpg

 実際、こーんな景色のいいところや、

SS20131122_016.jpg

 「あまちゃん」で撮影に使われた主人公の降り立つ駅には停車してくれて撮影時間を取ってくれました。
 マジでプロですね。サービス業として。

 というところで三陸鉄道は鉄道マニアだけでなくみんな楽しめるフレンドリーかつ新鮮さのある鉄道です。気になった方は是非足を向けてみてください。

 ただ一つ。不謹慎なので興味本位で写真を撮る事はしなかったのですが、所々にやはり津波、震災の爪痕は深く大きく残ってます。浄土ヶ浜までの港付近は建物の台座だけで根こそぎ流されたあとがまだ大きく残ってますし、三陸鉄道で見える景色にもそれらがあります。まだ仮設住宅の敷地も見えました。
 ただ面白楽しく過ごせるだけではないと思います。考えさせられますね。

 さて、今夜の宿です。
 野田玉川駅で下車し、迎えに来てもらったのは国民宿舎えぼし荘。野田村にある景色のいい宿です。

SS20131122_017.jpg

 国民宿舎とは言っても広く綺麗でロビーも明るい。

SS20131122_018.jpg

 先ほどお風呂に入ってきましたが、露天風呂からは海が一望できます。この写真の水平線に移っている光の点は漁火ですよ。今真っ暗になって部屋から見たら凄いです。漁火ってあんなに綺麗なんですね。

 残念ながら天然温泉ではないのですが、洗い場もカランも浴槽も綺麗ですよ。ただ露天のお湯はぬるかったので長く入ってられませんでしたけど。

 さっき夕食もいただきました。やっぱりというかなるほどというか、海産物が美味しいでうす。まさか白子まで出るとは思ってませんでした。鍋の出汁も小さい鯛みたいな魚のひらきも美味しかったので、やっぱり地元で海産物豊かというのはいいなーと思いました。

 というところで今部屋でゆっくりしながら記事を書いているわけです。
 またひとっぷろ浴びて、早く寝て、明日は露天で朝日が昇るのを見たいです。

 明日買うお土産は何がいいかを考えながら寝ますね。
 のんびりまったり~。ヽ(*´ω`)ノ



今日はこんなところです~。

おやすみなさいまし~。
(´ω`)ノシ



よろしかったらポチっとどうぞ。
RO・ブログ 
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うに弁当!

> ウニ情報の方

情報ありがとうございます!イチゴ弁当と聞いてビビりましたがウニ弁当のことですかw 安心しました。

ウニ大好きです!大好きです!大事なことなので)
駅弁のウニにするかウニ丼にするか、迷いますね。
せっかく本場なら本場のウニもいいな~。

宮古ウニの街、ちぃ覚えた。
アクセススカウター
ヌコヌコの呟き
プロフィール

ヌコヌコ

Author:ヌコヌコ
ラグナロクオンラインTrudrサーバー(旧Eirサーバー)でぬるく活動していた1ユーザーです。
ラグナロクオンラインは現在休止中。(´・ω・`)
その他ゲームやリアルのこと、轟天号(自転車:ライトウェイ シェファード2013)のことなんかも記事にしたりします。

プロフ絵は2525さん画です。素敵な絵をThanks!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

RO RO日常 リアル 轟天号 GvG その他 メンテ 艦これ 蚤の市 GvTE 築地の市 鯖煮会 ポタリング ポタ キャラ紹介 旅行 温泉 イベント リプレイ FateGO 動画 ET 花束市場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
協賛その他

協賛

プラチナリボン運動

ご注意

このサイト内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権は、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2014 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2014 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

このサイト内にある全ての著作物(画像、文章、HTMLソース、素材など)の無断での転載/二次利用などは禁止します。

当サイトに関係のないと思われるコメントなどは管理人の判断で削除させていただくことがあります。

当サイトの管理人はRO規約違反を容認していません。ROの規約違反に関係すると思われるコメントなどは躊躇なく削除します。
QRコード
QR