FC2ブログ

初期伸びワイヤー!轟天号 (ライトウェイ シェファード2013)

皆さんこんばんにゃ。

今日の出来事です。

 そろそろこの新・轟天号を購入してから3ヶ月。最近6速から5速へのシフトダウンがなんだか入りが良くないです。シフトを入れてもギアは入らないことが結構な頻度であります。やっぱりそろそろシフトワイヤーの初期伸びなんでしょうね。

 で、旧・轟天号でも同じ症状だったので、以前良くわからないままとりあえずワイヤーを引っ張ればいいんだろう的にリアディレイラーのアジャスターをいじってみたら、よけいひどくなってしまって手に負えなくなってしまいました。ネットで調べた調整方法がいまいちよく理解できてなかったんですよ。
 結局その時はショップに調整をお願いしました。ショップの人はものの2~3分で直してしまいましたから、本当はそんなに難しいものではないんだろうなーという印象です。

 さて、今回もまったく同じ症状。でもいいかげんワイヤーの伸び程度、自分で調整できるようになりたいものです。ネット上の情報でも「そんなに難しくないよ」とか言われてますし。
 それで今回は自分でやってみることにしました。やはり情報はネットの海で。

 今回非常に参考になったのはこちら:Takaよろず研究所さん

 図説で非常に分かりやすいです。調整の仕方、というよりもリアディレイラーがどのような構造で動いてるかが出てるので、まず原理を把握しやすいのです。

 んで、次のポイントを頭に入れました。

 1.リアディレイラーの調整は大きく分けて2点、「ガイドの振り幅」と「インデックス」にある
 2.振り幅の調整はディレイラーの調整ボルトで
 3.インデックスの調整はワイヤーの張りで
 4.トップギアに入っているとワイヤーがたるんだ状態になるのでインデックス調整できず
 5.インデックス調整はトップギアより1段下のギアからやるべし

 そうか、以前私は4と5をちゃんと理解してなかったのか。
 それでトップギアに入れてワイヤー調整して「できないできないー」となっていたんですね。

 今回は特に5速のギアの入りがよくないので、5速に入れた状態でインデックス(ギアが入った状態でスプロケットとディレイラーのガイドプーリーの合わせ)を見てみました。

 うん、やっぱりインデックスがずれてましたね。ガイドプーリーがやや外側に出てます。だから6速から5速に入れた時に5速にちゃんと落ちなかったんです。
 それでリアディレイラーのワイヤーアジャスターでちょちょいと調整。

SS20140816_001.jpg

 こんな感じで5速できっちりまっすぐへ。

 試しに何度もギアチェンジしてみます。
 おお!サクサク入る!ちなみにトップギアから1速まで試してみましたが、ちゃんと入りますしチャリチャリ音もありません。振り幅も問題ない様子。

 なーんだ、ものの5分で終わってしまいました。
 そうかー、これだからみんな「簡単簡単」とか言ってたのかー。
 要点をちゃんと抑えておけば何とかなるものですね。ネットの情報超ありがたいです。

 それにしても私の脳味噌は「これをこーいうふうにすればいい」という情報だけだとダメなんですや。構造や原理を把握した上で「なぜこれをこのようにするのか」的な考えが入ってないとダメみたいです。やっかいな脳味噌だなー。

 とりあえず、轟天号のディレイラー調整、完了!(`・ω・´)b



今日はこんなところです~。

おやすみなさいまし~。
(´ω`)ノシ



よろしかったらポチっとどうぞ。
RO・ブログ 
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

アクセススカウター
ヌコヌコの呟き
プロフィール

ヌコヌコ

Author:ヌコヌコ
ラグナロクオンラインTrudrサーバー(旧Eirサーバー)でぬるく活動していた1ユーザーです。
ラグナロクオンラインは現在休止中。(´・ω・`)
その他ゲームやリアルのこと、轟天号(自転車:ライトウェイ シェファード2013)のことなんかも記事にしたりします。

プロフ絵は2525さん画です。素敵な絵をThanks!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグ

RO RO日常 リアル 轟天号 GvG その他 メンテ 艦これ 蚤の市 GvTE 築地の市 鯖煮会 ポタリング ポタ キャラ紹介 旅行 温泉 イベント リプレイ FateGO 動画 ET 花束市場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
協賛その他

協賛

プラチナリボン運動

ご注意

このサイト内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権は、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2014 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2014 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

このサイト内にある全ての著作物(画像、文章、HTMLソース、素材など)の無断での転載/二次利用などは禁止します。

当サイトに関係のないと思われるコメントなどは管理人の判断で削除させていただくことがあります。

当サイトの管理人はRO規約違反を容認していません。ROの規約違反に関係すると思われるコメントなどは躊躇なく削除します。
QRコード
QR